晴れたらいいね~発達障害を持つ息子の成長記録~

変わっているなぁと思っていた長男はADHD強めのASD、定型の鏡だと思っていた次男は社会性高めのASDグレーでした。

スポンサーリンク

発達障害児と鍵盤ハーモニカ。

スポンサーリンク


長男、幼稚園で鍵盤ハーモニカを始めました。

通っている園では年中から練習するようで、

先日面談の際にその話になり、

「鍵盤ハーモニカはひいたことはないんですが、
おもちゃのキーボードはできていたのでキーボードを買ったんですよ~」


なんて話したら、まさかこの「できていた」ができる!と解釈されていた!!

連絡帳に「先日できるとおっしゃっていましたが、どこまでできますか?音階はわかっていますか?一本指でひいているのでしょうか?」
と質問攻め。先生はある程度できると思っていて、初めて練習のときに、全くできなかったようで…←当たり前。


だめだ、できるなんて簡単に言ってしまってはいけない。
幼稚園でできるなんて言ってしまったら、普通にできるになってしまうのだ!
気をつけなければ!!



お願いしたこと。

●音階にはもちろん、ドレミを書いたシールをはってもらうこと。
●指を動かすことはかなり難しいと思うので、1本指で弾く方がいいだろう、3の指~1の指~と他の子に教えていたら、そうしないといけないと思ってしまい、1本指ではひかなくなる可能性大であること。
●楽譜はすぐに覚えると思うので、問題は指の動かし方であることと、みんなと同じようにできなくて、やりたがらなくなる可能性があること。

このあたりを伝えました。

家でも練習しないと絶対追いつかないので、楽譜をもらいました。といっても、音符の譜面ではなく、♪ドーレーミ(ウン)
みたいに、カナで書かれたもの。


あっさり、楽譜は暗記していたのですが
指ね、指。本人は至って真剣なんだけど、ウケ狙いなんだろうかと思うくらい不思議なことになる。

不器用ですからね…
一本指ですればいいのに、
指の番号が書いてあるものだから、その指でしないと進められない!完璧主義だからね!笑


「うわぁー!ちがうー!!3の指だぁー!」と言ってるけど、気持ちとは裏腹に指は動かないから、わぁ〜〜〜となってます。



ちなみに、長男の園は鼓笛に力を入れていて、運動会で披露をするんですが。

息を吹きながら指を動かすなんてただでさえヤバイのに、これ吹きながら動くなんてまじ拷問レベルなのではないだろうか。



緊張しすぎて、やりたくない!やらない!みたいはタイプなら、無理せず、じゃぁ本番は出ません、みたいなのも一つの手ですが、そうじゃないタイプ、みんなと一緒にやりたい!!ってタイプなので、めんどくさいとってもやる気があって素晴らしいのですが、できなかったらどうなるんだろ…

家でも一日1回はひくようにしていますが、とにかくもどかしい指!
もうそこは何の指でもいいんだよ!!と思いながらも、不器用ながら頑張っているので
あたたかく見守ろうと思います。


先生からは少しできていたという連絡がきたので、
かなり頑張ってるんだと思います。


幼稚園に行ってみんなで歌を経験して、楽器をただ好きなようにならすんではなく、合奏するというイメージを少しつかめてきたようで…とっても楽しそうです。


にしても、こんな不器用な発達障害児
小学校のリコーダーとかどうなるんでしょうか。

その前に、鍵盤ハーモニカ、ひけるようになったらいいな☆




にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
-->