読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れたらいいね

アンチトロンビン欠乏症の私の壮絶な(?)妊娠出産を経て産んだ二人の男の子。変わってるなぁと思っていた長男は、自閉症スペクトラムでした。少しでも多くの人に、自閉症のこと、病気のこと、知ってもらえたらいいなぁ。

4歳2ヶ月作業療法~体育座りを練習しよう。

スポンサードリンク


小児科での作業療法の記録。
しっかり記録して、家でもやることを忘れないようにしなきゃと思っています。

おけいこごととは違って、やはり訓練になります。弱いところ、苦手なところを埋めていくことをしています。

椅子に座って挨拶してからスタート。

まずは、4色の積み木。
先生が4色4つの積み木を、いろんな順番で並べたり、一つだけ向きを変えてみたりして積み上げたものを、「同じものを作ってください」という指示で作ることをしました。これはよく見て間違わずにできました。

次は、数字のわっかを1~10まで順番に棒に通して並べるもの。これも難なくクリア。偶数と奇数を教えてもらい、偶数と奇数で並べるようにしましたが、初めて聞いた言葉だっただろうし、今一つ理解できず。「いっことばしで…」と言われてからは何となくできていましたが、難しい課題でした。

そして、「せんせい」のおもちゃを使っても数字を書きました。見本をみながら数字を書きましたが、5まではかけたのに、6から突然、先生の手を引いて書こうとするように。先生が一人で書いてというと、「お母さんとかく」と私の手を引きましたがやらずにいたら、書けないと泣きそうになりました。結局先生と一緒に書き、10だけは一人で書きました。
書くことはまだまだ苦手で自信がないようで、書いてもらうか一緒に書こうとする感じです。
書くことは、もっとできるようになってほしいので、これは家でももっともっとしっかりやりたい。



ここまでは座ってする課題で、次は体を動かしました。
バスタオルを長い棒状にしてその上を歩きましたが、バランスとれない!ふらふらです。ひどかった。平均台は上手にできるので聞いてみると、固いものはバランスがとりやすいけど、バスタオルなど柔らかくなると、とりづらくなるので、しっかりバランスをとる練習のためには、柔らかいものの上を歩くのがいいそうです。


そしてー!体育座り。
できません。できないことにビックリ。
教えてもらってなんとかできるも、体育座りをしたまま足をあげることをすると、ころーんとだるまのように転がりました。何度やってもできません。
これは体のバランスがとれていないのだそうです。

意味がわかっていないようだったので、先生に聞いたら

「体育座りは意味がわからなくてもみればできます!」

たしかにー!!

体育座りを丁寧に教えてもらったことなんて今までありません。普通にできたし、むしろ楽な座りかたのイメージです。

学校に入ったら体育座りは必須条件(こんな厳しいものでもなく、普通できるものなんですが…)なので、できるようにならないと大変です!
これはしっかり練習せねば。

最後に、前後にジャンプをすることをしました。
まえ、うしろ、まえ、うしろ、とジャンプするのですが、まぁひどい!ただ、ジャンプしてるだけ!
先生と手を繋いでゆっくりやって一回だけできましたが、その後はできませんでした。
これもバランスがとれないことが原因みたい。


小さい頃からよく動くけど、体はほんとにしっかりできてないんだなぁと感じさせられます。
できることをはしっかりやっていきたいと思います。




♪参加してます♪

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

スポンサードリンク