晴れたらいいね

アンチトロンビン欠乏症の私の壮絶な(?)妊娠出産を経て産んだ二人の男の子。変わってるなぁと思っていた長男は、自閉症スペクトラムでした。少しでも多くの人に、自閉症のこと、病気のこと、知ってもらえたらいいなぁ。

3歳8ヶ月~遠城寺発達検査。

スポンサードリンク


先日、療育園で長男の発達検査があり、その親への聞き取りと報告がありました。

園では遠城寺発達検査を半年に一度行ってくれます。

できるできないでいえば、△くらいの項目も多くて、少し曖昧なところもあるのですが、


身体面…3歳 
社会性…2歳半
言語→発語…3歳 
   言語理解…2歳~2歳半?  


これくらいでした。
半年前は、社会性も発語も2歳までもいかなかったので、成長が見られました。

発語は多いですが、言語理解がなかなか伴わず。
言葉の概念を分かっていないので低くなっています。

例えば、数字はしっかり読めても、

「ボールをひとつとって、ふたつとって」

というような事はできません。
こういうやり取りは、本人もわからないからかおうむ返しになってしまいます。




社会性も育ってきていますが、まだまだですね。
3歳8ヶ月では、
「友達と順番に物を使う」
ということが入っていて、少し難しいなと思います。
4歳になると、

「お友達の家にいくことを母親にいう」
「お友達と協力して砂場を作る」

などの項目が入ってきて、長男にとってはまたまだちょっと難しすぎることかなと思います。


ジャンケンも、真似っこになってしまうし、勝ち負けが全く理解できない。
ままごとの役を演じるのは3歳くらいでできることらしいのですが、これまたできませんね。



言葉も出ていてできることも増えたけれど、まだまだ知的な遅れはあるなぁ、という結果になりました。
言葉の概念は、それなり身に付きそうな気がしますが、社会性を身に付けることは、本人も大変なことだなぁと思います。

でもこういう検査は、客観的に冷静に成長を見れるのでありがたいです。

スポンサードリンク