読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れたらいいね

アンチトロンビン欠乏症の私の壮絶な(?)妊娠出産を経て産んだ二人の男の子。変わってるなぁと思っていた長男は、自閉症スペクトラムでした。少しでも多くの人に、自閉症のこと、病気のこと、知ってもらえたらいいなぁ。

1歳3ヶ月断乳決行。

スポンサードリンク


次男、断乳をしました。

元々、おっぱいはなるべく早くやめたいと思っていた私。少しずつ授乳を減らして卒乳を目指していましたが、なかなかタイミングは訪れず、1日朝昼寝る前の授乳が続いていました。
10ヶ月で添い乳をやめて、夜中の授乳は2回ほどになっていたのですが、夏風邪をひき一週間ほど高熱が続いたときに頻繁に授乳したことで、今月に入ってから夜1~2時間で泣くようになりそのたびに授乳していました。

「もうおっぱいバイバイだよ」

なんてことをいうと、おっぱいを吸うのを一瞬やめて、私の方をじっと見るような仕草もあり。なかなかやめきれずににました。


しかし。


私の疲れもピークになり、おっぱいを求める泣きが激しくてイライラしてしまっていました。
おばあちゃんが遊びに来ることになっていた日曜日、
「今日やめようかな」と、ふと思い。


夜、抱っこで寝たのをきっかけに、明日からの断乳を決意しました。
その日の夜中は2度おっぱいをあげ、翌朝もおっぱいをあげ、断乳を決行。


「おっぱいバイバイだよ!今までありがとう」

としっかり伝えました。

その日は、お昼に私を見ると三回ほどおっぱいが欲しい泣きがありましたが、おばあちゃんがたくさん遊んでくれたので、しっかりお昼寝もして夜まで頑張りました。

夜もエルゴで寝たので、そのままおばあちゃんと就寝。夜中3回起きたけど、だっこで寝てくれたらしく思っていたよりもひどい泣きはなかったようでした。

なんと、母親である私は、夜中の3時半まで爆睡…ごめんよ母。
おっぱいがカチカチで少し絞ってまた寝ました。


そして今朝、起きた次男は、おばあちゃんと朝散歩。
ご飯をモリモリ食べて、牛乳とお茶をグビグビ飲みました。

私を見て何度かおっぱい欲しそうに泣きましたが、そのたびにおばあちゃんが外に連れ出したり遊び相手になったりと気を紛らせてくれて…
ほんと感謝感謝です。

2日目の今日は、おっぱいの張りがキツかった。
3回ほど軽く絞りましたがカチカチです。
痛いし辛い。だんだんと精神的に弱ってきたところに、次男が大泣き。


「ほんとによかったのかな」
「おっぱいあげたら楽になるのにな」

そう思ってかなり落ち込み涙が出そうになりましたが、自分で決めたこと。次男も頑張ってる!と思い、負けませんでした。

そして、今日はパパに寝かしつけてもらい、今となりで寝ています。

さて、今日はどんな夜になるかな?
朝まで寝てくれる…なんてことはないかな。

がんばるぞー。


おっぱいは、明日母乳外来にいくことにしました!
続きはまた次回。

スポンサードリンク