晴れたらいいね

アンチトロンビン欠乏症の私の壮絶な(?)妊娠出産を経て産んだ二人の男の子。変わってるなぁと思っていた長男は、自閉症スペクトラムでした。少しでも多くの人に、自閉症のこと、病気のこと、知ってもらえたらいいなぁ。

自閉症児育児~トイレトレーニング。

スポンサードリンク


療育園入園式の翌日は、母子通園でお昼ご飯を食べて登園し、その翌日からバス通での1日療育がスタートしました。



グループダイナミクスやふれあい遊びなど、保育所などでただ楽しく本人の思うように過ごしていたようなことも、しっかり先生の指示に従わせるので「ぎゃー」となることももちろんあります…
が、想像していたよりもかなりできているし、本人もとても楽しくかよっています。


そして、同時に園でのトイレトレーニングもスタートしました。
ちなみに、長男は2歳頃から一度はトイトレをスタートして、トイレでおむつを替えたり座ってみたりということをしていましたが、だんだんと行くことを拒否するようになりました。そしてうんちをさわったりするようになってからは、トイレにいくことすらなくなり、自閉症と分かってから私の気持ちもすっかり切れてしまい、その後一切していませんでした。

園では時間になったらおまるやトイレへの誘導をしているのですが、
なんと初日でおまるで成功!午後にはトイレで成功!

聞いたとき、ほっっんとにビックリしました。
これには先生たちもかなり驚いてたみたいです。

先生たちの指示が分かりやすいんだろうなと思います。

今日は親子療育の日だったので、一緒にトイレに行ったのですが、さっとズボンを脱いで便座に座っていました。出なかったけどなんだか感動。
わかってたんだなぁ~


早速おうちでも眠っていたおまるを出しました。
まだやり取りができないので予告することは難しいだろうけと、トイレでするという経験を積み重ねたいと思います!
まずは家でのトイレ成功を!

スポンサードリンク