晴れたらいいね

アンチトロンビン欠乏症の私の壮絶な(?)妊娠出産を経て産んだ二人の男の子。変わってるなぁと思っていた長男は、自閉症スペクトラムでした。少しでも多くの人に、自閉症のこと、病気のこと、知ってもらえたらいいなぁ。

3歳児検診。

スポンサードリンク


3歳児検診に行ってきました!

通知が届いたとき、
嫌がらせかと思いましたよ、ほんとに。

尿検査のための採尿をしてきてください。
視力検査の練習をしてきてください。
できることできないことの欄はできるわけないでしょってそんなのばかり。


1歳半検診で引っ掛かってから、保健師さんとのやり取りに発達の遅れがある子が行く遊びの教室など、保健センターとの繋がりも多かったし、自閉症と診断されてることも市の方も知ってるのに。



そもそもやり取りできないに何しに行くんですかね?



ちょっと保健センターに行くことがあったので、

「発達に問題があることは分かっていて、それも保健師さんも知っているんですから行く意味あるんですか?うちの子なにもできないことを思い知らせるためなんですか?」

はっきりいって八つ当たり。

保健センターで行われる検診は最後だし、身体測定だけでも来てくださいと。

夫が休みをとってくれたし頑張っていってきました。

保健師さんと子供たちは会話をしてやり取りをしたりして様子を見られてたけど、うちは一切できないので、私たちに質問され答えました。
でもうちの情報知ってるくせに、知らないていで話されてイライラしちゃいました。
とりあえず質問に答えていたら、
夫にだっこされていた息子、寝ているではないか!!
今から身体測定があるのに!
なんのためにきたの!? 
と叫びたくなりましたが仕方ない。
身体測定はとばして、
内科検診は寝たまま診察。

歯科検診で起きて、泣き叫んで、歯磨き指導で泣き叫んでかなり機嫌悪い。

ひどい状態だったので、身体測定どうしますか?と聞かれ、母子手帳に記録されないのが悲しかったのでチャレンジすることに。

暴れるんだろうなぁ…という周りの予想に反して、まさかの落ち着いた測定ができました。

心理相談など色々と相談もできましたが、今困ってはいますが相談したところでも現実何も変わらないし、今は4月からの療育に期待!というところなのでさらっと帰りました。


にしても、改めて3歳児の発達ぶりをみて、
はぁー羨ましいってのが本音です。 

ちゃんと会話もできてどこかに走り去って消えることはない。
うちからしたらそれだけでもういうことなしだと思うんだけど、みんな悩みはあるようでした。



そうそう、最近性格が悪くなってる自分がいて、すごく嫌。


次男を連れて子育て支援などに行っても、後追いしないとか人見知りが大変とか悩んでるママを見て、悩み?あなた幸せなんだよーみたいに思ってしまって、そんな自分が嫌だ。



うちの子も大変なことはたくさんあるけど、元気に走り回って楽しく過ごせてるだけで幸せなのにね。


わけが分からず恐怖で泣き叫んでしまう姿、奇声を発する姿、ひっくり返って暴れる姿。見た目は3歳でも、3歳とは思えない行動をしてしまうので、その姿を見られたくないと思ってしまう。

恥ずかしい気持ちもあるんだろうし、悔しい気持ちもある。
この気持ちを早く捨てたいんだけど、まだまだ捨てきれない自分が嫌いです。

まぁそんなんですが、何度も通った保健センター。3歳検診で一区切りです。

スポンサードリンク